引っ越し 見積もり 簡単

引っ越し見積もりは簡単にできる@安い料金を確認しよう

引越しの見積もりを簡単に取る方法

引越し 見積もり

引越し 料金

引越し 平均

引っ越し 見積もり

 

引越しで大変なのが、引越し業者選びです。

 

口コミ評判なんて見てしまうと、ますますどこの引越し業者が良いのかわからなくなりますね。
良い引越し業者を探したいなら、いくつかの業者に見積もりを取る必要があります。

 

しかし、1社1社連絡して見積もりを出してもらうのは大変な作業です。
引越しの見積もりは、一括見積もりがオススメです!

 

引越し 料金 見積もり

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

引越し日と荷物の量、部屋の情報などを1回入力するだけで複数の引越し業者からの見積もりが取れるのです。

 

見積もり金額で選ぶのも、サービス内容で選ぶのも、担当者の印象で選ぶのもあなたの自由です。

 

自分で比較して決めることで満足度の高い引越しになりますので、ぜひ頑張ってくださいね。

 

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加


ズバット引越し

安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる

たくさん見積を取るとさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

 

 

引越しの準備と手続き

 

引越し 準備

 

引越しには沢山することがありますので、準備や手続きの順番などの情報を確認しておきましょう。

 

引越しといえばまず引越し業者への見積もりですが、そのタイミングは新居が決まってからがすぐがオススメです。

 

新居の階数やエレベーターの有無など新居の情報がなければ、正確な金額を出すことができないからです。
しかしのんびりしていると、条件の良い引越し業者はどんどん予約が埋まって行きますので、ご注意ください。

 

荷物は引越し日ギリギリではなく、早めに梱包しましょう。
普段あまり使わないものや季節外れの洋服などからダンボールに詰めていくのがいいですよ。

 

そして不用品はできるだけ引越し前に処分してください。
荷物が多ければ多いほど、引越し料金が高くなるので計画的に処分してくださいね。

 

市外へ引越しする方は「転出届」を市町村役場に出します。
国民健康保険や国民年金、児童手当など役所関係のものがあれば、それらも手続きしておきましょう。

 

電気・ガス・水道は引越し日までは前の住所で使えるようにしてもらい、その日までの費用を日割りで精算してもらうように手配しましょう。
詳しいことはそれぞれの会社に電話して確認してください。
同じ市内での引越しなら、引越し日からは新居でも使えるようにしてもらってくださいね。

 

郵便物が届かなくなるのは不便なので、最寄りの郵便局に行って引越し日からは新居に荷物を転送してもらう手配をします。
1年間は転送してくれるので、その間に新しい住所を知り合いに伝えておきましょう。

 

引越し当日は家具や家電の配置を引越し業者に指示してくださいね。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものなどは自分で運んでくださいね。

 

引越し日から2週間以内に市内引越しなら「転居届」を、市外引越しなら「転入届」を提出します。
これで選挙など役所からのお知らせが届きます。

 

運転免許証やパスポートなどの身分証明書になるものや、各種の保険・銀行カード・クレジットカードなどの住所変更手続きを行ってくださいね。

 

 

引越しの時期と費用の関係

 

引越し 費用

 

引越し費用はいつでも同じというわけではありません。
全く同じ大きさと重さの荷物を同じ距離ぶん運ぶ場合、宅配便や郵便なら定額ですね。

 

しかし引越し業者には、物件が何階であるかやエレベーターの有無、運ぶ時期によって金額が異なるのです。

 

よく考えたら他にはない特徴ですね。
引越し業者には繁忙期があり、この時期は日本全国どこの引越し業者も大忙しです。
繁忙期は3月前後になりますが、これは新学期を前に多くの人が新天地を目指して移動するからです。

 

引越し業者もスタッフを増員したり、残業したりとこなそうとするため人件費がアップして繁忙期の引越し費用は1年で1番高いです。
もし繁忙期を避けられるならそれがオススメです。